現3歳世代の“関東最後のホープ”となるかもしれない。全兄に目黒記念2着のアイスバブル、エプソムC3着のグリュイエールがいる素質馬アルベロベッロ(牡、美浦・堀厩舎、父ディープインパクト)が、15日の東京6R(芝1800メートル)でデビューVを目指す。

 仕切り直し、態勢を整えてきた。昨年8月に一度入厩したが、トモ(後肢)が緩かったため9月に放牧。年明けの1月に再入厩して、調整を進めてきた。「背中のいい馬で素質を感じます」と森助手の評価は高い。

 12日の美浦・Wコースでの追い切りは、半マイル55秒8―13秒2。ヘリファルテ(6歳3勝クラス)と併入した。「ひと追いごとに良くなって、力を出せる仕上がり。勝負になると思います」と同助手は好感触。クラシックへ向かえる走りが見られるか。(春木 宏夫)