フランスの女性ジョッキー、ミカエル・ミシェル騎手(24)=川崎・山崎裕厩舎=は13日、船橋競馬10R(ダート1600メートル)を1番人気のシュヴァルダムールで逃げ切り、地方6勝目を挙げた。影も踏ませぬ2馬身半差での逃走劇に「イェーイ!」と興奮気味の第一声。乗り難しさがあると評判の馬だったが「明るい性格で気が合った。エネルギーにあふれていてスタミナを感じました。思った通りにレースができた」と、苦にせず手の内に収めた。

 恋人たちが愛を誓い合うバレンタインデーのきょう14日も、船橋で7鞍に騎乗予定。「馬は恋人のようなもので愛情を感じている。一緒に勝ってハッピーな日にしたい」と、気合を入れ直したミシェル。美人ジョッキーからのチョコを期待!?する報道陣に「フランスでは男性から女性にプレゼントを贈る日なので、ぜひお待ちしています」と逆に“おねだり”し、笑わせていた。(角田 晨)