横浜Cは13日、横浜市内で非公開の調整を行った。プロ35年目のFW三浦知良(52)は左でん部痛で別メニュー調整のため、グラウンドに姿を現さなかった。

 12日の横浜市役所表敬訪問では笑顔であいさつしたカズだが、この日は別メニュー調整。宮崎キャンプから帰京した8日には「話せる時がきたら話します」とだけコメントしていた。クラブ関係者によると、患部の状態は「そこまで悪くない」ため、J1全18クラブの監督と代表選手が出席するキックオフカンファレンス(14日)にも参加予定。リーグ開幕・神戸戦(23日)と、誕生日当日のルヴァン杯・鳥栖戦(26日)を見据え、コンディションを整える。