阪神の新外国人、ジャスティン・ボーア内野手(31)=エンゼルス=が13日、シート打撃で逆風を切り裂く一発を放った。1ボール2ストライクから秋山の138キロの内角直球をコンパクトに振り抜いた。「80%ぐらいの力で振った。うまく反応できたね。風も計算した中でいったなと思った」。甲子園の浜風を物ともしないような放物線が、右翼席に舞い降りた。

 左中間席にぶち込んだ5日のケース打撃に続く2本目のアーチ。矢野監督は「アゲンスト(逆風)の中で放り込めるパワーと、追い込まれて変化球をマークしながら対応できたところに価値がある」と目を細めた。実戦形式はこれで5打数4安打の打率8割。巨人・中里スコアラーも「これを投げたら大丈夫という球がない」と警戒心を強めた。

 この日からサポート役として来日したアンディ・シーツ駐米スカウト(48)も太鼓判を押した。「彼のことは4〜5年見ていたが、一番の特徴はパワー。それと同時に率も残せる。相手投手の攻め方や配球の部分を話していきたい」と万全サポートを約束した。

 ボーアは12日の休日は沖縄・名護市内の海岸に出向き、自然の中を散策した。対外試合デビューとなる15日の広島戦(宜野座)に向け、身も心も準備は万端だ。「沖縄そばは気に入っている。でもしょうゆラーメンも大好きだよ」。メジャー通算92発の大砲は驚異のペースで日本の野球、文化に順応している。(表 洋介)