楽天は14日、三木肇監督(42)が13日に沖縄・名護で行われた日本ハムとの練習試合後に帰京し、野村克也さんの自宅に弔問に訪れたことを発表した。野村さんは11日に虚血性心不全のため84歳で亡くなっており、指揮官は遺体とも対面したという。

 三木監督はヤクルトで入団から3年間、野村監督のもとでプレー。「改めて、感謝の気持ちしかありません。最後にお会いして、お礼含め、自分の気持ちを心からお伝えさせていただきました。ヤクルト野村監督時の同期入団であり、僕の信頼している克則コーチと、今シーズン、しっかりと戦っていきたいです」と球団を通じてコメントした。