日本ハムの吉田輝星投手(19)が14日、沖縄・名護のタピックスタジアム名護でブルペン入り。今季実戦初登板となる15日の紅白戦(国頭)を前に調整した。ブルペンでは直球を中心に45球。「紅白戦ではしっかり実戦感覚で、自分がやってきたことがどうなるか確認して。紅白戦で終わりじゃなくて、その後のピッチングにつなげていきたいなと思います」と意気込んだ。

 実戦を意識し決め球にイメージするフォーク、スライダーの感触も確かめた。高めに抜け気味だったフォークは加藤2軍投手コーチからは「低めに直球を投げるつもりで」と助言も受け改善。「決め球系のボールを低めに集める感覚はちょっとずつ出てきた。それを試合で生かせれば」と意気込んだ。