巨人の桜井俊貴投手(26)と、田口麗斗投手(24)が14日、登板する15日の韓国・サムスンとの練習試合(那覇)に向け同球場で調整した。この日は午前中に宮崎から空路で那覇へ移動後、沖宮を参拝。球場でキャッチボール、ダッシュ、マウンドの確認を行った。

 宮崎キャンプでは1軍とファームの入れ替えを行った。沖縄2次キャンプに移ったあとも開幕メンバー入りに向けた“サバイバル”は続いている。宮本投手チーフコーチは「調整とはいえ結果は求めていきたい。しれつな争いは続く」と選手のアピールを期待した。

 先発する桜井は「対外試合1発目なので、攻めていく投球をする」と話し、2番手で登板する田口は「イニングも長く投げさせていただくので、ただ投げるだけじゃなく、内容と結果を残してものにしたい」と意気込んだ。育成・ディプランも含めそれぞれ3イニング登板する予定だ。