エンゼルス・大谷翔平投手(25)のブルペン入りが3月になることが14日(日本時間15日)、明らかになった。米アリゾナ州テンピで行われているキャンプ3日目に、マドン新監督が明かした。

 大谷は18年10月に右肘、昨年9月に左膝を手術。昨季はプロ入り後初めて投手としての試合出場がなかった。すでに昨年からキャッチボールを再開しているが、投手としてメジャーの舞台に戻るのは5月中旬の予定。マイナーの調整登板をして、段階を踏む見込みだ。

 今キャンプでは初日から2日連続でキャッチボール。この日は行わなかった。5月中旬のメジャー復帰へ向けて、順調にステップを踏んでおり、マドン監督も3月のブルペン入りを「スケジュール通り」と話していた。