楽天・野村克則作戦コーチが15日、チームに再合流し、キャンプ地の沖縄・金武町で報道陣の取材に応じた。11日に虚血性心不全のため父・野村克也さんが84歳で死去しており、帰京していたが「昨日見送りをさせていただいて一段落ついたこともあって。そんなにチームを離れるわけにもいかないですし、もし父がいたら『こんなところでゆっくりしてるな。早くチームに戻ってしっかりやれ』と言うと思います」と悲しみを胸に言葉を紡いだ。

 96年にヤクルトに入団し、野村さんのもとでプレー。「僕は入団当初から野村監督のもとでやってきましたし、今やっていることも野村野球がベースになっている。そういったことを次の世代に伝えていくことも仕事だし、僕の役割だと思っている」と思いを口にした。

 「野村野球を継承して、今シーズンいい結果を出していい報告ができるようにと誓ってきました」。この日はくしくもヤクルトとの練習試合が行われる。試合前には亡き野村さんを悼み、黙とうをささげることも予定されている。