◆練習試合 巨人―韓国・サムスン(15日・セルラー那覇)

 巨人の小林誠司捕手(30)が15日、今年チーム初の対外試合となった韓国・サムスンとの練習試合(那覇)に、「8番・捕手」でスタメン出場し、ソロアーチを放った。

 1点リードの4回先頭。サブマリン右腕の球をすくい上げ、左翼へ今季1号のアーチをかけた。高く舞い上がった飛球が、長い滞空時間を経て、スタンドに吸い込まれた。

 悠々とベースを一周すると、仲間たちとハイタッチをかわし、笑顔を見せた。