◆練習試合 巨人5―2韓国・サムスン(15日・セルラー那覇)

 巨人が今年初の対外試合で順調な仕上がりを披露した。先発の桜井俊貴投手(26)が3回を2安打無失点に抑え、4回から2番手で登板した田口麗斗投手(24)も3回を無安打無失点。開幕ローテの座を争う2人がそろってアピールに成功した。

 4番・三塁で先発した岡本和真内野手(23)は、1回2死二塁から左前に先制打を放った。宮崎キャンプで好調だったイスラエル・モタ外野手(24)は6番・左翼で先発。2―0の5回1死二塁、右越えに適時二塁打を放ってチームの3点目をたたき出した。2打席目の3回にも中前打を放つなど2安打と期待に応えた。