DeNAのラミレス監督(45)が15日、今季初のオープン戦となる16日の巨人戦(那覇)のスタメンを発表した。

 1(中)神里

 2(右)オースティン

 3(一)ソト

 4(左)佐野

 5(指)ロペス

 6(三)宮崎

 7(捕)伊藤光

 8(二)柴田

 9(遊)大和

 筒香がレイズに移籍し抜けたが、2番にメジャー33発のタイラー・オースティン内野手(28)=ブルワーズ=を置き、引けを取らない打線となる。

 指揮官は「シーズン中ももしかしたら2番で使うこともある。2番の資質はある。ソト、宮崎、筒香もそうだった。1番が神里で塁に出れば、盗塁を警戒してストレートが多くなって打ちやすい球が来るので効果的。いきなりよりは今の段階でやって経験しておけば」と説明した。

 またソト、ロペス、宮崎、伊藤光が今季初実戦。現時点でのベストオーダーで昨季のリーグ王者に挑むことになる。