15日の小倉10R・あすなろ賞(3歳1勝クラス、芝2000メートル=12頭立て)は、最後の直線で1番人気のレザネフォールとの叩き合いを制した2番人気でディープインパクト産駒のファルコニア(牡、栗東・角居勝彦厩舎)が勝利を飾った。勝ち時計は2分1秒4。

 最後まで先頭は譲らない。ファルコニアの勝利への執念がにじみ出た。最後の直線で先に抜け出し、外からレザネフォールが並びかけてきた。「接戦になりましたけど、ずっと首が(相手よりも)出ていたまま辛抱してくれた」と、藤岡佑介騎手も同馬の勝負根性を褒めたたえた。

 在厩で調整し、しっかりと照準を合わせてきた。「まだ気性面も幼い馬。成長があれば楽しみですね」と、ジョッキーはさらなる成長を期待していた。