◆第55回クイーンC・G3(2月15日、東京・芝1600メートル、良)

 3歳牝馬限定のG3は14頭によって争われ、2番人気で福永祐一騎手騎乗のミヤマザクラ(栗東・藤原英昭厩舎、父ディープインパクト)が、好位から直線で抜け出し、重賞初制覇を飾った。勝ち時計は1分34秒0。

 4番人気のマジックキャッスル(シェーン・フォーリー騎手)がゴール前で追い詰めるも首差の2着まで。12番人気のセイウンヴィーナス(野中悠太郎騎手)が3着に入った。

 ルメール騎手(ルナシオン=10着)「ゲートの中でちゃかついてスタートが遅れた。休養明けで馬がエキサイトしていた」