中山11RフラワーC・馬トク激走馬=ショウナンハレルヤ

 前走のセントポーリア賞が好内容。大外枠から素早く2番手にはまり、直線残り400メートルで楽に先頭に並びかけると瞬時にギアを替え、後続を1馬身1/4差引き離す快勝劇。2着がスプリングSに出走するアオイクレアトールなら、相手関係も悪くないレベルだった。

 過去2勝とも前めから押し切る競馬で、コース形態を考えても、今回も好位から瞬発力を使って押し切る手が有効。中間も鋭い動きを連発しており、好枠(7番)からスムーズに運んで争覇権に加わる。