◆大相撲春場所13日目 ○白鵬(押し出し)朝乃山●(20日・エディオンアリーナ大阪)

 大関取りに挑む関脇・朝乃山が、横綱・白鵬の壁にはね返された。結びで押し出されて、昇進目安の今場所12勝へもう負けられない3敗目を喫した。優勝争いは、唯一の1敗だった平幕・碧山が隆の勝に黒星。2敗で白鵬、鶴竜の両横綱と碧山の3人が並ぶ大混戦になった。

 最強横綱の壁が立ちはだかった。朝乃山は、結びの一番で白鵬に挑むも3秒で押し出された。3度目の挑戦も退けられた。「気づいたら上体が起きているので。そこで勝負があったんじゃないですか。自分の相撲を取れないのは、まだ弱い自分がある」。なすすべなく敗れ去った大一番に「何やってんだろう。悔しさというよりは自分に…。分かんないです」。ミックスゾーンでは悔しさを通り越して、笑みさえこぼした。

 同じ右四つの横綱とは、昨年名古屋場所前に志願の出稽古をするなど、相撲を始めた頃からの憧れの存在だった。立ち合いで右四つを許すと一気に攻め込まれた。「思い切り行こうと思ったら逆に来られた。集中力、厳しさが足りない」と力の差を痛感した。

 大関昇進の目安は「三役で直近3場所33勝」。今場所必要な白星は残り2つだが、この日、白鵬に勝っていれば強烈なアピールになっていた。

 3敗目を喫し、大関昇進へ一つも落とせない状況で14日目は横綱・鶴竜戦。藤島審判長(元大関・武双山)は「スピードも低さも圧力も横綱が上だった。あすの鶴竜戦に反省を生かしてほしい」と期待を込める。背水の陣に立たされた大関候補は己を信じて土俵に上がる。(竹内 夏紀)