◆練習試合 ヤクルト―阪神(21日・神宮)

 ソフトバンクからトレードで加入した阪神・中田賢一投手(37)が先発で4回7安打6失点。試合をつくれず「今日はスライダーの精度が良くなかった。(3回に)大量失点していますし、極力少ない点数で次のイニングに持っていくかというところ」と反省した。

 2回まで無失点に封じたが、0―0の3回につかまった。先頭の広岡に高めのスライダーを左翼席に運ばれると、さらに味方の野選や塩見の2点適時打などでこの回一挙6点を奪われた。

 前回14日のオリックスとのオープン戦(京セラD)は5回4安打3失点。新天地での開幕ローテーション入りに向けてアピールしたいところだったが、2戦連続で結果が残せず、試合後に2軍降格が決まった。