◆練習試合 西武―日本ハム(21日・メットライフドーム)

 開幕ローテが当確している西武・松本航投手(23)が先発し、5回3安打4失点(自責3)で降板した。

 走者を出しながらも3回までは2安打無失点と粘投。だが4回に、2者連続四球を出すと、1死一、二塁から、巨人から移籍したビヤヌエバに移籍後初アーチとなる逆転3ランを許した。制球に苦しみ、93球を費やした右腕は「4点を取られた回(4回)に、ランナーを出してから、リズムを崩してしまった。体がつっこんでしまったのを修正できなかった」と反省を口にした。