◆練習試合 巨人―DeNA(21日・東京ドーム)

 巨人のエンジェル・サンチェス投手(30)が先発し、3イニングを4安打無失点に抑えた。オープン戦では3試合に登板も全てで失点し、防御率10・57と苦しんだが、4試合目で初めて無失点に封じ「自分の持ち味は出せたと思う。ゴロを打たせられたし、この時間を大切にし、開幕に合わせていきたいね」とコメントした。

 前回登板した7日のオリックス戦(京セラD)後はNPB球への対応を課題としていた右腕。2週間の間に杉内2軍投手コーチらの助言もあり、ブルペンでは10球ごとに新しいボールに変えて投球。試合でも地面についたりファウルになるとボールが新しくなるが、実戦を想定して調整を進めてきた。

 この日は走者を出しても粘りの投球でホームを踏ませず。昨季韓国で17勝の右腕が状態を上げてきた。