◆練習試合 ヤクルト6―5阪神(21日・神宮)

 阪神・坂本誠志郎捕手(26)が、スローイングで魅せた。

 「8番・捕手」で先発出場。初回1死一塁で吉田成の二盗を阻むなど4度もの盗塁阻止で投手をもり立てた。「練習でも藤井さん(バッテリーコーチ)と一緒にやってきて、それがいい形で出たんじゃないかと。いい準備ができて、いいスローイングができたと思います」と振り返った。

 捕手出身の矢野監督は「元々リードの感性はすごくいい捕手なので。そういうところが安定してくれば、もちろん試合に出れることも増えていくし。自信を持ってやっていってくれたら」と賛辞を贈った。