◆練習試合 楽天4―9オリックス(21日・楽天生命パーク)

 外野の定位置を狙う3年目の西村凌外野手(24)が猛アピールを見せた。楽天戦に「7番・右翼」で先発出場し、2本の二塁打を含む3安打1打点をマーク。「左投手の時に打たないと行き場がなくなるので」。昨季セーブ王に輝いた侍ジャパン候補の松井から2安打を放ち、杜の都で刻んだ成果にうなずいた。

 外野は左翼に吉田正、右翼にジョーンズの起用が濃厚。残る1つのイスを松井佑、後藤、小田、宗、小島らと争うが、西村監督は「3本しっかり打って、アピールしてくれている」と西村の存在を目に焼き付けた。それでも、今年勝負をかける24歳は必死。「明日も頑張ります」。とにかく、結果を出し続けるだけだ。(宮崎 尚行)

 ◆西村 凌(にしむら・りょう)1996年2月21日、滋賀県出身。24歳。青森山田高からSUBARUを経て、2017年ドラフト5位で入団。昨季は19試合で打率2割6分5厘、2本塁打、4打点。178センチ、84キロ。右投右打。年俸1200万円。