◆練習試合 西武―日本ハム(22日・メットライフ)

 西武の山川穂高内野手(28)が、リードを広げるソロアーチを放った。2点リードの4回1死、日本ハム2番手・鈴木遼の高めのナックルを捉え、左翼席へアーチをかけた。「打った瞬間はどうかな…と思いましたが、スタンドまでいってくれてよかった。追加点をとれてよかったです」とカメラに向かって2年ぶりに「調子のちゃって」を披露した。

 12日に行われた「新型コロナウイルス対策連絡会議」で、山川のホームラン後のパフォーマンス「どすこい」が、ソフトバンク・松田宣の「熱男」と共に「感染リスク高」に位置づけられた。14日以降は「どすこい」を自粛し、(18年のパフォーマンス、ゆりやんレトリィバァの)「調子のっちゃって」の代替案を示していた。獅子の主砲が、画面の向こうのファンに豪快な一発で元気を届けた。