◆第69回スプリングS・G2(3月22日、中山競馬場・芝1800メートル、良)

 皐月賞(4月19日、中山)トライアルは3歳牡馬10頭によって争われ、ライル・ヒューイットソン騎手が騎乗した6番人気のガロアクリーク(美浦・上原博之厩舎、父キンシャサノキセキ)が差し切り、重賞初Vを飾った。勝ち時計は1分49秒8。短期免許で来日中のヒューイットソン騎手は、JRA重賞初制覇となった。

 2着には1番人気のヴェルトライゼンデ(池添謙一騎手)。3着には2番人気のサクセッション(三浦皇成騎手)が入り、この3頭に皐月賞の優先出走権が与えられた。

 三浦騎手(サクセッション=3着)「動くに動けない展開になって、きれいな走りをする馬なので残り600メートルから馬場のいいところに出していったが、誤算は勝ち馬とマークしていた馬が違い、1頭ぶん外を回されてしまった。でも、このペースでも我慢できて頑張っていた。いい馬でした」