昨オフの移籍市場で注目を集めたロッテと楽天。ルーキーを含めた互いの新戦力がインタビューに応じた。聖光学院(福島)出身でロッテのドラフト2位・佐藤都志也捕手(22)=東洋大=は、即戦力として臨む1年目の決意や、亡き祖父へプロ1号をささげることを誓った。(取材・構成/長井 毅)

 新人合同自主トレ、春季石垣島キャンプを経て佐藤は1軍帯同を勝ち取った。

 「こうやって1軍で経験させていただくのは、すごくありがたい。勉強になっている。まだまだできないことが多いので勉強です。開幕が延期になったことを利用して、それを生かしたいと思ってやっています。打撃と肩の強さが自分の良さ。まだあまりその良さを出せる場面がないですけど、これから1軍の舞台で出せればいいな、と思ってます」

 強肩強打の即戦力捕手として上位指名を受けた好素材も“プロの壁”を感じている。

 「自分ではもう少しできると思っていたけど、できない。緊張やプレッシャーもある。2軍ではある程度結果が出ても、1軍の雰囲気に慣れないといけない。1軍の投手の球は伸びが全然(アマと)違う。手元で伸びてくると打ちづらいですし、初めて対戦する投手が多くて、映像と実際に打席に立って見た時の感覚が違う。特徴をインプットしていかないといけない」

 捕手としての課題と向き合う毎日が続く。

 「今は投手が投げたい球を投げさせる“投手目線”の配球になっている。自分の意図をもっと出して、根拠のある配球をしていかないといけない。(正捕手の)田村さんの配球を見て勉強していますけど、どういうタイプの投手かは自分で受けてみないとリードできない。どんどんブルペンに行って、組んだことのない投手とのコミュニケーションを増やしていきたい」

 東洋大では先にプロ入りした先輩、上茶谷大河(現DeNA)、甲斐野央(現ソフトバンク)、梅津晃大(現中日)といった最速150キロ超の“剛腕3人衆”とバッテリーを組んできた。近い将来「1軍でバッテリーを組みたい」と胸を高鳴らせていたドラフト1位の佐々木朗希の球をブルペンで受け、衝撃が走ったという。

 「1球、1球に重みがある。久々に剛速球と鋭いフォークがあった。あの3人(上茶谷、甲斐野、梅津)を思い出させる感じでした。フォークも腕を振るので打者は嫌ですね。まだ18歳で、すごすぎです。可能性が無限大。今投げても勝てる投手だと思う」

 プロでの活躍を報告したい人がいる。一昨年、大学3年の夏に他界した祖父の新妻秀男さんだ。

 「おじいちゃんが野球をやるきっかけをくれた。巨人ファンでテレビで巨人戦を見ていて、小学1、2年くらいにはよくキャッチボールをしてもらった。5年生の時にソフトボールを本格的に始めたんですけど、バットやグラブを買ってもらいました。大学時代に買ってもらった道具も入寮の時に持ってきました」

 甲子園や神宮にも応援に来てくれた。聖光学院高3年時の15年ドラフトでは、事前に複数球団から調査書が届いたが、指名漏れを経験。支えになったのが「ここまで続けてきたんだから、諦めずにやれ。ここで諦めるのは簡単だぞ。金のことは心配するな。大学に行け」という秀男さんの言葉だった。

 厳しい家庭環境ながら金銭面でも支援してくれたおかげで、佐藤は東洋大に進学。大学日本代表に選出されるまでに成長を遂げた。 「初安打と初本塁打の記念球はおじいちゃんの仏壇に供えます」

 野球と自分をつなげてくれた祖父に恩を返すためにも佐藤は1年目シーズンを全力で突っ走る。

 ◆佐藤 都志也(さとう・としや)1998年1月27日生まれ。22歳。福島県いわき市出身。平六小みやまスポーツ少年団でソフトボールを始め、平二中から進んだ聖光学院高では、2年夏の甲子園8強。東洋大に進学し、東都大学リーグでは一塁手として2年春秋、捕手として4年春にベストナイン。4年時は主将を務め、3、4年時には大学日本代表にも選出された。19年ドラフト2位でロッテ入団。漫画『MAJOR』の登場キャラと同名でニックネームは「とし君」。身長181センチ、体重83キロ。右投左打。年俸1200万円。

 ◆清水コーチ「郡司や海野と遜色ない」

 ロッテ・清水将海バッテリーコーチ(45)が佐藤のここまでを分析し、ルーキーの“伸びしろ”について語った。「ドラフト2位で入ってきているわけだし、(同じ新人捕手の)郡司(中日)、海野(ソフトバンク)、と遜色ない。アマチュアで騒がれてきた捕手だと思う。後ろにそらすことが少ない実戦派かな。いいところを消さないで捕手の仕事を覚えて、配球の面の部分も勉強して磨いていってもらいたい」と、さらなる成長を求めた。

 井口監督は佐藤の強打を買っており、正捕手の田村と柿沼に続く第3捕手を置くとなれば、開幕1軍の可能性は十分ある。一方で清水コーチは「目配り、気配りができるようになればもっといい捕手になる。まだまだ指示待ちの部分がある。次にやることを早くするように自分で行動を起こしていけば変わってくる」と課題を指摘。視野を広げる必要性を説いた。