楽天のドラフト5位・福森耀真投手(22)=九産大=が早ければ今週にも、1軍で実戦デビューを果たす可能性があることが22日、分かった。

 この日、予定されていたオリックスとの練習試合(楽天生命パーク)は雨天によるコンディション不良のため中止に。ドラ5右腕は、室内練習場内のブルペンで約50球を投げ込んだ。投球練習を見守った伊藤智仁投手チーフコーチ(49)は、日本ハムとの練習試合(24、25日・札幌D)で登板させる可能性を示唆した。

 キャンプは2軍スタート。6日、イースタン春季教育リーグのヤクルト戦(戸田)で、対外試合初登板を果たした。2軍の実戦では合計4試合に登板し計4回を投げ無失点。直球は最速153キロをマークするなど、魅力は十分だ。三木肇監督(42)も「球は強い」と評価し、21日に1軍合流を勝ち取った。

 指揮官は、日本ハムとの練習試合に若手中心のメンバーで挑む方針。ドラ5右腕が、1軍で初めて対外試合に登板する可能性が高い。「真っすぐがどれだけ通用するのか経験したい。日本ハムで対戦したいのは中田翔選手」と闘志を燃やした福森。“逆転”での開幕1軍入りを目指し、猛アピールを狙う。(高橋 宏磁)