◆フラテナ(3月22日、中山5R・3歳未勝利、芝1600メートル=5着)

 発馬は決めたが前半は、もたつく場面もあり、鞍上の丸田恭介騎手が気合をつけて5番手を追走。それでも、直線で外に出すとじわじわと伸びて4着に。鞍上は「もたもたしていたので、その辺ですね。体の成長が追いついてくれば。ものは悪くないですからね」と振り返った。

 まだキャリア3戦で芝は2戦目。それを踏まえれば及第点の内容で、使っていけばチャンスは必ずやってくる。(松末 守司)