東都大学野球連盟は23日、東京・渋谷の国学院大で臨時理事会と評議委員会を開き、4月6日に予定していたリーグ戦の開幕を延期することを決めた。

 新型コロナウイルスの感染拡大の影響で加盟校の新学期の開始が4月中旬以降にずれ込んでおり、課外活動に制約が続いていることも踏まえ、6日の開幕は難しいと判断。4日に発表した日程通りの通常開催を断念した。

 いまのところ、具体的な開幕日は未定。ただし、6月8〜14日の日程で実施される全日本大学野球選手権(神宮)の前に1部リーグの全試合を神宮球場で行うことを想定した場合、4月最終週からのスタートがリミットになるとしている。