湘南の東京五輪代表候補は23日、決定的となった五輪延期を逆にプラスにとらえた。

 メンバー入りへ当落線上のMF鈴木は「アピールの時間も増える。もっと経験を積んで五輪に臨める準備期間があることはポジティブ」、FW岩崎は「時間をかけてアピールできる。個人的には体が動く夏にやりたい」と心境を語った。個々の選手が五輪出場権を内定させている他競技と違い、サッカーは大会直前まで選手選考の期間となる。U―23日本代表MF斉藤は「代表メンバーは何も決まってない。やれることをやる」と冷静に受け止めた。