阪神のジャスティン・ボーア内野手(31)のヘイリー夫人と長男・ジミー君が22日に来日していたことが23日、分かった。横浜市内のチーム宿舎で再会。全世界に新型コロナウイルスがまん延し「早く一緒にいたいが、どうなるか分からない」と戸惑いを見せていた助っ人砲に最強の援軍がやってきた。

 まさに滑り込みでの“合流”となった。米国で国民に海外渡航中止を求める勧告が出され、この日、安倍首相は米国からの入国制限を26日から開始すると発表。あと数日、来日が遅れていれば、美人妻や愛息も2週間のホテル待機など隔離を強いられる可能性が高かった。異国の地で家族3人で過ごせる喜びはプレーにもプラスに働くはずだ。

 メジャー通算92発の実績を引っさげて入団したものの、ここまで対外13試合で34打席ノーアーチどころか長打もない。21、22日のヤクルト戦(神宮)の試合前練習では井上打撃コーチと話し合い、微調整も行った。「自分のやっていることを信じて、いつか本塁打が出ると思っているし、焦らずやりたい」。家族の助けも借り、スランプ脱出の糸口をつかむ。