中日のドラフト1位・石川昂弥(たかや)内野手(18)が24日の2軍・オリックスとの練習試合(ナゴヤ)に「4番・三塁」で先発出場し、“プロ初本塁打”を放った。初回2死1塁、カウント1ボール1ストライクからオリックス・富山の変化球を捉え、バックスクリーン右横へ2ランをたたき込んだ。

 石川昂は「浮いてきた変化球にうまく対応できました。今まで打球が上がらなかったので、本塁打になってくれて良かった」と喜んだ。