◆練習試合 中日―巨人(24日・ナゴヤD)

 巨人の小林誠司捕手(30)が24日の中日戦で勝ち越し打となる適時二塁打を放った。

 同点とした直後の5回1死二塁。先発・吉見のスライダーをはじき返し、左中間を破るタイムリーヒットを放った。

 やや前進守備だった外野の頭上を破る大きな当たり。第1打席となった3回にも左前安打を放っており、この日、マルチ安打となった。

 最近は大城が捕手でのスタメン出場が続き、自慢の強打でアピールを続けていた。ライバルに「待った」をかけるように、小林も打で猛アピールした。