ゴルフの五輪競技対策本部の強化委員会が24日、都内の日本ゴルフ協会で開かれ、新型コロナウイルスの感染拡大のため、今夏からの開催延期が有力となっている東京五輪について、倉本昌弘強化委員長(64)は「ゴルフだけを考えれば(世界のツアーで試合が多い)秋は不可能。年をずらすのがいい」との希望を語った。

 もし東京五輪が今秋開催となった場合、国内男女ツアーは賞金王、賞金女王争いの佳境だ。国内を主戦場とし、五輪代表圏内の渋野日向子(21)=サントリー=や鈴木愛(25)=セールスフォース=、今平周吾(27)=フリー=らは難しい判断を迫られる。さらに、米男女ツアーも延期となったメジャーの開催などが噂されており、タイガー・ウッズ(米国)ら世界ランク上位のトップ選手の参加も不透明となる。

 また、延期開催の場合は、五輪会場の埼玉・川越市の霞ケ関CCの確保という課題も出てくる。予定通り今夏開催なら、霞ケ関CCは4月1日から9月まで営業を停止し、五輪開催に向けて万全に備えるはずだった。「1年後に延期となっても、コースを貸してもらえるのか。芝の状態を維持することが可能なのかどうか。話し合わないといけない」と倉本委員長は心配を口にした。

 東京五輪が延期された場合の各国の代表選手選考については、五輪ゴルフ競技を管轄する国際ゴルフ連盟の判断待ちという。「基本的には世界ランクをもとに、と決まっている以外はまだ連絡は無い」と倉本委員長。今夏の開催ならば、6月末の世界ランクをもとにした五輪ランクで決まるはずだった。今秋、1年後、2年後に延期となった場合、いつの時点での世界ランクをもとに代表選手を決めるのか。今後、大きな焦点となってきそうだ。