◆練習試合 中日1―5巨人(24日・ナゴヤD)

 巨人の松原聖弥外野手(25)が「1番・中堅」でスタメン出場し、適時三塁打を放った。

 1点を勝ち越した直後の5回1死二塁。先発・吉見の内角の直球をうまくさばき、右中間を破る適時三塁打を放った。

 亀井、坂本、丸、吉川尚らの主力が帯同しない遠征で得たチャンスでアピールした。「バッティング練習から感覚がよかった。1打席目から練習と同じ感覚で打席に立つことができていたので、チャンスでも同じ気持ちで冷静に積極的にいけました。結果につながってよかった」と振り返った。