安倍晋三首相と国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長が電話会談で、夏の東京五輪を1年程度延期する方針で一致したことを受け、東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長が24日、会見を行った。

 マラソンの札幌開催は変更しない方針を示した。森会長は「大きなフレームは変わらない。私どもとしてはそれはないと思います」と話した。