巨人の丸佳浩外野手(30)が「まる」のCMでおなじみの白鶴酒造が企画した社会貢献活動「笑顔でつなごう! みんなの『まる』キャンペーン」の公式アンバサダーに就任することが24日、分かった。

 丸と同社のコラボは、長年、全国の漁港を舞台にしたCMを放送してきたこと、丸が全国有数の漁港である千葉・勝浦出身であることから実現。同社の公式SNSで募集される一般ユーザーの「まるポーズ」写真の投稿、ツイッターのリツイート、LINEスタンプのダウンロード、それぞれの数に応じて所定の金額を積み立て、その資金を寄付・寄贈に役立てるという。キャンペーン開始に合わせ、同社の公式HPでは丸が出演するスペシャル動画も公開される。

 丸は同社のオファーに「自分で言うのもあれですけど、ピッタリだと思いました」と笑顔。幼少期の海での思い出について「友達のお父さんとかが漁業をやられていたので、一緒に船に乗せてもらったりとかも記憶にあります。ものすごく身近な存在」と話した。

 昨年末には新しい「まるポーズ」も検討していたが「このお話をいただいた時に、これは変えたらあかんと思った」と継続することを決断。「チームがまとまるっていうのはすごく大切なこと。わいわいやる時はわいわいやる、しっかり締まるところは締まる。しっかりと切り替えが出来るチームは強いと思う」。オープン戦で披露した新バージョンの“片手まるポーズ”も含め、今年も球場を盛り上げていく。

 この日はG球場での残留練習に参加。開幕が延期になったことについて「時間はあるわけですから、僕は難しいとは考えてない。しっかりといい準備が出来ると思うので。決してマイナスなことはないです」と前を向いた。

 ◆白鶴酒造 1743年創業。日本酒を中心とした各種酒類の製造・販売を始め、清涼飲料水・その他食料品の販売などを展開。1984年に発売した白鶴「まる」は、地方各地の漁港を舞台に、地元漁師が郷土料理を紹介するテレビCMを長年にわたり放送。各地の漁港を支援するキャンペーンを行うなど日本の漁業を応援する活動を続けている。