◆練習試合 中日1―5巨人(24日・ナゴヤドーム)

 小林の打球が左中間に弾んだ。「とにかく試合に出たところで必死にやるだけでした」。同点とした直後の5回1死二塁。中日先発の吉見から前進守備の外野の頭上を越す勝ち越しの適時二塁打を放った。

 3回の第1打席では左前に運びマルチ安打。今回は練習試合だが、オープン戦でも出場8試合ながら、12打数4安打、打率3割3分3厘を記録している。「少ないチャンスの中で結果を出せるようにやっていきたい」とうなずいた。

 スタメンは4日の日本ハム戦(札幌D)以来、実戦11試合ぶり。原監督も「このところ彼もストレスがたまっていただろうし、そういうものをしっかり出してくれたのはいいですね」と期待を込めた。正捕手争いは大城が先行するが「僕も食らいついていきたい」とアピール。6年連続の開幕マスクを譲るつもりはない。