◆練習試合 中日1―2巨人(25日・ナゴヤD)

 巨人の与那原大剛投手(22)が、2番手として5回からマウンドに上がった。

 189センチの長身から繰り出されるダイナミックな投球で打者を仕留めた。安打は福田のソロのみで、4回1安打1失点2奪三振の好投だった。

 それでも試合後は「ノーストライク2ボールとバッター有利のカウントを多く作ってしまったので反省です」と満足はせず。

 同じ育成で1軍登板を続ける沼田にも刺激を受け、「絶対負けないという気持ちを持ってやりたい。これからもハングリー精神、負けん気を持ってやっていきたいです」と意気込んだ。