G1・15勝を含むJRA通算1586勝を挙げ、2月いっぱいで騎手を引退した四位洋文調教師(47)=栗東=が今週から藤沢和雄調教師(68)=美浦=の元で“研修”を開始。JRAG1通算29勝を挙げる名伯楽の下で調教を共に見守っている。25日は高松宮記念に出走するタワーオブロンドン、桜花賞を見据える3歳馬のサンクテュエールなどの追い切りを見に、美浦の南スタンドに藤沢和師とともに姿を現した。期間は未定だが、「いろいろ藤沢先生のところで学びながらやっていきたいですね」と抱負を語った。