ソフトボールの2008年北京五輪金メダリストで、女子日本代表主将の山田恵里(日立)が25日、東京五輪の「1年程度延期」が決まったことを受け、所属チームを通じてコメントを発表した。「不安はありません。本番を迎えるその日まで最善の準備を毎日していきます」とコメントした。

 この日、日本リーグ女子は新型コロナウイルス感染拡大防止の措置として、4月末までの全66試合の中止を決定。リーグ再開は9月5日となった。4月3日に予定されていた五輪代表メンバー、新ユニホームの発表も中止されており、代表候補選手は各所属チームで練習している。