1月13日の中山2Rで落馬負傷して右大腿骨頸(けい)部骨折していた菅原明良騎手(19)=美浦・高木登厩舎=が3月26日、美浦トレーニングセンターでの調教騎乗を再開した。自厩舎の2頭の調教に騎乗して、「全く問題なく、3か月空いた感じはなかった。よかったです」と、明るい表情でアピールした。

 このまま順調にいけば、4月11日に開幕する第1回福島競馬から復帰する予定だ。「乗ることができない期間は、すごく乗りたくて、同期の活躍にも刺激を受けていました。競馬に乗れるありがたさが、すごくわかりました」と意気込んだ。