関西六大学野球連盟は26日、大阪市内で臨時代表・監督理事会議を開き、新型コロナウイルス感染拡大の影響で、4月4日に予定されていた春季リーグ戦の開幕を同25日に延期すると発表した。

 無観客で開催し、2回戦総当たりで勝率により順位を決める。2チームが同勝率の場合は優勝決定戦、3チーム以上が同勝率ならトーナメントで優勝校を決定する。

 延期、無観客、勝率制はいずれも史上初。閉幕予定は5月17日から変更はなし。1日3試合を行うため、日程は組み直す。4月25日予定の開会式は中止する。

 チーム関係者から感染者が出て活動が中止となった場合は、該当校は不戦敗となり、残りの大学でリーグ戦を続ける方針が検討されている。