東京都や神奈川県などで今週末の不要不急の外出自粛要請が出され、当該地域に本拠を置くJリーグのクラブにも波紋が広がった。26日は今後の練習スケジュールを練り直すなど、慌ただしく対応に追われた。

 F東京はこの日から急きょ練習を中止に。週末の練習試合も取りやめ、1週間ほどオフにして様子を見る。選手は自宅待機で調整は難しくなるが、森田浩平広報部長は「新型コロナウイルスの感染リスクをできる限りなくしたい。クラブとして、それぞれの身を守ることが大事だと判断した」と説明した。

 湘南は感染防止策について、この日のミーティングで改めて注意喚起した。J2町田は少人数の選手に絞って取材対応していたが、さらに制限する方針という。J2東京Vは下部組織を含め、週末の活動を全て取りやめると発表した。