日本相撲協会は26日、東京・両国国技館で新理事らによる定例理事会を開いた。同協会が運営・管理する国技館は、1年程度延期になった東京五輪のボクシング競技会場になっているが、本場所のある5月の貸し出しには難色を示した。

 日本相撲協会は、東京五輪よりも本場所を優先させる方針を示した。五輪が1年程度延期となったことを受け、ボクシング競技会場となっていた東京・墨田区の両国国技館の利用について、再度日程調整を行うと発表。芝田山広報部長(元横綱・大乃国)によると、ボクシングの国技館利用について、この日の理事会でも議題に上がったという。五輪の開催時期が不透明であることを踏まえ、同部長は「本場所がある中で、どう会場が使えるか。本場所がある5月に貸してと言われても困る」と話し、来年夏場所に影響する貸し出しには難色を示した。

 本来は、今年秋場所(9月13日初日・両国国技館)前の7月25日〜8月9日に予定されていたボクシング競技。国技館では既に、五輪選手のドーピング検査を行う場所や控え室を整える改修工事も行われており、開催に向けた準備が進められていた。

 理事会では8月12、13日に予定されていた「大相撲東京2020オリンピック・パラリンピック場所」の中止も決定。五輪の訪日客らに日本文化を発信する機会として、幕内力士のトーナメントや土俵入りが計画されていたが、芝田山部長は「(今年の)8月にはやらない」と話した。今後、再び同場所を計画するかについては、五輪の開催日程が明らかになり次第、検討するとした。(大谷 翔太)