柔道男子66キロ級で世界王者の丸山城志郎(26)が27日、全日本選抜体重別選手権(4月4、5日・福岡国際センター)の延期を受け、所属のミキハウスを通じてコメントを発表した。

 同選手権は17年から世界選手権2連覇の阿部一二三(22)=日体大=と東京五輪代表を激しく争う男子66キロ級の最終選考会となる予定だったが、新型コロナウイルス感染拡大を受け、この日に延期が決まった。開催時期は未定となっている。

 「選考会が延期になっても、改めて決められた選考会で100%の自分で臨めるように、これからも日々やるべき稽古・トレーニングに取り組んでいきます。何よりも今は新型コロナウイルスが一日でも早く終息することを願っています」