バレーボール男子日本代表の西田有志(20)=ジェイテクト=が26日、大手スポーツ用品メーカーのアシックスとアドバイザリー契約を締結したことを発表。来年に延期となった東京五輪でも大きな武器となるシューズ「METARISE」も発表された。

 このシューズは西田と製作担当がマンツーマンで「高く跳ぶ」ことを意識して製作に着手。アタックの際の踏切から着地までの一連の動作に着目して分析し、実験の結果では平均3%のジャンプ力向上を実現している。既に履いて練習しているという西田も「自分はジャンプを生かすことを大切にしている。フィーリングはとてもいい。東京五輪までの1年間で何がレベルアップできるか着目して、世界と戦える選手になりたいと思っています」と決意を新たにしていた。