◆オリックス―ロッテ(26日・ZOZOマリン)

 先発のオリックス・山岡泰輔投手(24)投手がアクシデントで緊急降板した。初回先頭の荻野を1球で中飛に仕留め、続く角中に2球を投じた直後だった。右腕が3塁側ベンチに向かって首を横に振った。マウンドに歩み寄った平井コーチと言葉を交わすと、ベンチ裏へと下がった。突然のアクシデントにベンチがざわついた。

 球団によると、左脇腹に違和感を感じたため、大事を取っての交代。アイシングなどで様子を見るとした。初回に主砲、ジョーンズの2ランで先制。連敗を3でストップさせる勝利へ勢いづいたところだったが、重い空気がのしかかった。2番手には鈴木が登板した。