広島のドラフト1位・森下暢仁投手(22)が27日、先発2戦目で初白星をつかむことを誓った。「ドラゴンズもいいバッターが多いのでしっかり低めを意識したい」と意気込んだ。

 21日のDeNA戦(横浜)は7回4安打無失点、8奪三振をマークするなど完璧な投球だったが、守護神・スコットが4連打を浴びサヨナラ負けを喫した。それでも「そう簡単には勝ちがつかめないのがプロ。しっかり準備をしたい」と前を向いていた右腕。前回の反省を生かし「先頭バッターを抑えることとテンポ良く投げることを心がけていく。チームが勝てる投球がしたい」と語気を強めた。