チームの緊急事態を救うべく、開幕2連勝を誓った。オリックスの山本由伸投手(21)が27日、28日のロッテ戦先発に向けてZOZOマリンで最終調整を行った。

 前日のロッテ戦では先発した山岡が、わずか3球で緊急降板。この日、千葉・浦安市内の病院でMRI検査を行った結果、「左内腹斜筋の筋損傷」と診断され、出場選手登録を抹消された。この日の試合前の段階でチームは4連敗中で、借金5の最下位。開幕投手を務めたエースの離脱は、巻き返しを図るチームにとっては大きな傷手だ。

 しかし、山岡と並ぶWエースとして期待を背負う若き右腕が力を込める。「流れは悪いけど、気にしすぎず、勝ち試合にできるようにやっていくだけ。とにかくベストを尽くしたいです」。今季初登板だった開幕3戦目の楽天戦(京セラドーム)は、8回3安打無失点で勝利。開幕2連勝を誓い、苦境のチームを引っ張る覚悟だ。

 今季2度目の先発に向けて、山本は「先週と違うのは、先週の(登板の)疲れがあってから臨むというところ。ただ、それもしっかり抜けきって準備はできています。押さえるイメージ、相手選手のことも頭に入れて臨めればと思います」と心身の準備を整えた。相手は開幕2戦目から6連勝と勢いに乗る。「バッティングの調子はすごく良さそうだし、いい選手も多い。負けないように、いいボールを投げていきたいです」と引き締めた。

 それでも、自信はある。「前回はすごく調子が良かったので、あの状態まで持っていけば、あのピッチングをできるという目安にはなっています。あと1日、いい過ごし方をしたい。とにかく、今のベストにもっていくだけですね」と闘志を燃やした。