◆パ・リーグ ロッテ―オリックス(27日・ZOZOマリン)

 6連勝中のロッテが、初回にたった打者2人、8球で同点に追いついた。

 先発した種市が、中川に先頭打者本塁打を被弾して先取点を献上。だが、直後の1回裏に荻野が一塁線を破る二塁打で出塁した。続く岡の打席で飛び出して二、三塁間での挟殺プレーになったが、タッチをかいくぐって三進。きわどい判定だったため、オリックス・西村監督はリクエストを要求したが、覆らずに無死三塁で試合続行となった。

 岡はフルカウントから6球目のスライダーをはじき返し、ボテボテの三塁へのゴロとなったが、荻野が俊足を飛ばして本塁に生還して同点に追いついた。前夜は3点差を8回にひっくり返して6連勝としたロッテ。7連勝へ向けていとも簡単に同点に追いついた。