◆オリックス―ロッテ(27日・ZOZO)

 若きリードオフマンが、チームを勢いづかせる一発を放った。前日に続き、今季2度目のスタメン1番に起用された中川圭太内野手(24)が初回、カウント2―2から145キロの直球をとらえた。高く舞い上がった打球は左中間席に着弾。今季1号ソロで、相手右腕の出はなをくじいた。

 自身初の先頭打者アーチに、中川は「感触は完璧でした。先制できて良かったですし、久しぶりにホームランが出てくれて良かったです」とコメントした。